個別指導Palette(パレット)のいろいろブログ

個別指導Palette(パレット)の塾長のブログです。 みんな色々なカタチがあって良い・・・という思いから開いた塾です。 子どもが大好きな塾長から見た、子どもたちや日々の色々をお伝えしていきます。

個別指導Paletteのいろいろブログへようこそ♪

ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette  (ホームページはこちら)

塾長の佐藤真由美です。




今日は公立高校入試の合格発表。

共通選抜が終わってから2週間、

長い長い日々でした。



我慢できません。

初めに言わせてください。



おめでとう!

感動をありがとう!

みんな頑張ったね!






今年もまた入試問題に新たな傾向が出題され、

自己採点で一喜一憂する受験生と保護者の方々。

合格ラインが読みにくく、

多くの受験生がボーダーラインかなという状況でした。



「併願の私立に行く心の準備を本人にさせようか迷っている」

という保護者の方からのご相談にも、

「信じて待ちましょう。」

としか言えませんでした。

みんなの頑張る姿をずっと見てきたので、

信じていたかったのです。



信じていて良かった…!

午前中から嬉しい報告が次々とあり、

「おめでとう!」

「良かったね!」

「頑張ったね!」

と飛び上がりっぱなしでした。

涙が出ました。(ばれていないことを祈る!)

語彙力には少し自信がありますが、

今日ばかりはまったく活用できませんでした。



神奈川県の公立高校入試は

倍率が1.3倍を超えると

ボーダーラインの受験生の合格は

難しいと言われています。

パレットの受験生の中には

倍率1.5倍~1.6倍の高校に挑戦する生徒さんも数名いて

志願者数が確定してから入試まで

入試が終わってから今日まで

本当にどきどきの毎日でした。



どきどき絶頂の昨夜、

カツ丼を食べた甲斐がありました。

自分のこと以外ではゲンを担ぎます。



「先生、受かりました!」

「先生、合格できました!」

「先生たちにたくさん教えてもらったおかげです!」


こんなに嬉しい言葉がたくさん聞けて幸せです。


もう一度言わせてください。



おめでとう!

感動をありがとう!




まだ合格発表待ちの大学受験生がいますが、

今年の中学受験生、高校受験生、大学受験生は

全員が第一志望校

へ進学することが決まりました。

パレットの生徒さんたち、たくましいです。

講師陣も本当に手を尽くしてくれました。




今日だけはこの感動に浸り、

来年の今頃またこのような感動に浸れるよう

明日からまた講師とともに精進いたします。

今後もパレットをよろしくお願いいたします。



齋藤先生桜


ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette (ホームページはこちら)

塾長の佐藤真由美です。



いよいよ明日が神奈川県公立高校の入試です。

パレットの生徒さんたちも

入試前の最後の授業を終えて帰宅しました。

緊張している様子ではありましたが、

私の目からはたくましい表情のようにも見えました。




1・2年生の頃は

受験への意識がなかなか高まらなかった生徒さんも、

3年生の夏期講習や冬期講習を経てぐっと顔つきが変わりました。



パレットに通うようになって、

勉強の仕方がわかったり

自己分析ができるようになったりした生徒さんは、

中学校や模試の成績がぐんぐん上がり、

勉強に対して自信を持つことができるようになりました。



入試前日なのに、

授業開始のチャイムが鳴り始めてから入室する強者もいました。

「明日は絶対に遅刻しないように!」と戒めましたが、

明日の入試、そして明後日の面接も

その強靭な心臓で立ち向かってほしいです。



最近の神奈川県公立高校の入試の傾向として、

新しい形式の問題が出題されたり

新しい回答方法を用いたりと

毎年何かしらの「新たなこと」が出ます。

ですから私は生徒さんへのアドバイスとして、

必ず新しい何かがあるはずだから、動揺せずに

「あっ!きた!」ぐらいに思うようにと伝えています。



本当によく頑張ってきた受験生たちです。

必ずや力を発揮できることでしょう。

いい顔をして帰ってくると、信じて待ちます。

2週間後の合格発表、

みんなの笑顔が咲きますように…!!



kit






ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette (ホームページはこちら)

塾長の佐藤真由美です。


2019年がスタートしてから、

あっという間に1ヶ月が過ぎました。



パレットも受験シーズン真っ只中です。

12月と1月に中学受験の帰国子女入試から始まり、

1月中旬はセンター試験、

1月下旬からは私立大学の個別試験が始まりました。

2月初旬は中学入試本番、

今週の土曜日が私立高校の一般入試、

来週が公立高校の入試です。





中学入試は完勝とまではいきませんでしたが、

全勝でした。受験生が大変よく頑張りました





昨日は、公立高校の志願者数(倍率)が確定する日でした。

倍率はこちら




昨年は高倍率だった高校が出願開始当初は定員割れをしたり、

高倍率になることは予測していたけれどもここまでとは、という高校があったり、

出願開始から昨日までの1週間は落ち着かない日々でした。



しかし、まだまだ落ち着いてはいられません。

入試まで1週間となり、いよいよ本番直前です。



ato7



「先生、私受かるかな?」

本音ですよね。

思わずポロっとこぼれてしまったようなつぶやきでした。


「倍率高いけれど、少し楽しみでもあるんですよね。」

こんな頼もしい生徒さんもいます。


「〇〇はわかるようになったけれど、△△がまだ覚えられないんです。」

このように、日々の学習の様子と分析を報告してくれる生徒さんもいます。



どの受験生も不安でいっぱいの様子がうかがえます。

今の時期は、難しいことに時間を使うよりも、

自分の得意なことをどんどん伸ばすことをおすすめします。

具体的には、覚えているか、解く手順がわかっているかの確認です。

特に暗記系は一問一答がおすすめです。



「これ、できる!」と認識する→自信になる→モチベーションアップ

→「これも確認してみよう」→「これもできる!」

この循環を毎日作っていきましょう。



そして、万全の状態で本番を迎えられるよう

体調と気持ちもしっかり整えましょう。




公立高校の入試と同じ時期に中学校の学年末テストがあります。

1年生、2年生の生徒さんも毎日頑張っています。

受験生の先輩の姿を見て、刺激を受けている生徒さんもいると思います。

1年後、2年後の自分を思い描いて、

1つ1つのテストや課題に向き合ってほしいです。

学年末テスト直前、テスト対策授業もまだまだ受付中です。

詳しくはこちら


2018年度の良い締めくくりができるよう、

一緒に頑張りましょう!


このページのトップヘ