こんばんは。

個別指導Palette   http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。



中学受験生がやってくれました!!!


合格おめでとう



2月1日から始まった中学入試、

なかなか力が出し切れず、本人は苦しかったと思います。

学校側がボーダーラインを昨年より上げていたり、

過去問にはない単元からの出題があったりで、

私も悩みました。


過去問と当日の入試問題を分析して、

「明日は〇〇算が出そうだな」

「これは出ないかな」

「この単元はもう一度出そうだな」

「今から新しいことを覚えても
 
本番で使えないだろうから、思い切って捨てよう」

などと。


幸い、何度かチャンスがある学校の受験だったので、

直前でも対策ができました。


午後から入試のときは午前中に塾に来て、

一緒に勉強をしてから本番に向かう、

そして入試が終わったらまた塾に来て、

少し答え合わせをして、

明日に備えてまた一緒に勉強する。

文句など一言も言わずに、

ひたすら前を向いて頑張っていました。


WEBで合否の発表があり、

何度も期待通りではない発表を見ました。

本人も見ているはずですが、

私の前では涙どころか落ち込んだ顔も見せませんでした。

強かったです。

保護者の方のほうが

WEBの合否発表を直視できないというような状況でも、

この子は強かったです。


「合格するまであきらめない」

私とこの子の合言葉というか、

共有していた気持ち。

見事に貫き通してくれました。


そしてようやく最後のチャンスで

合格をつかむことができました!!


毎年のことですが、

今年もやっぱり涙がこぼれました。

周りに誰もいなかったら、

私はきっと顔をぐちゃぐちゃにして泣いていたと思います。


最高に嬉しいです!!!!!

快晴の空も祝福してくれているようで、

空を見ただけでニヤニヤしてしまいました。



本人が合格の報告に来てくれたとき、

やっとマスクを外した姿を見ることができました。

嬉しい気持ち、安堵の気持ち、

まだ信じられないというような気持ちもあったかもしれません。

とにかく和やかな、良い顔をしていました。

その顔を見てまた私は涙が出てきて・・・


本当によく頑張りましたね。

入試はゴールではないし、

むしろスタートなのですが、

合格をもらった日だけは浸ってほしいです。

余韻を感じてほしいです。

自分を褒めてあげてほしいです。

本当におめでとう!!!