June 2016

June 21, 2016

7月は選挙。でも何をすれば良いの?

こんばんは。

個別指導Palette  http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。


さて、平成28年6月19日に公職選挙法の一部改正されたものが施行されました。

これにより、来月の参議院議員選挙(6月22日公示、7月10日投開票)から

18歳、19歳の方も選挙に参加できるようになりました。


年齢が引き下げられた大きな理由は、次世代を担う若い人にも政治に参加してもらうためです。

詳しくは総務省のホームページをご参照ください。

女優の広瀬すずさんがイメージキャラクターとして広報活動に参加しています。
                               
                             ↓
http://www.soumu.go.jp/18senkyo/index.html


選挙権が与えられても、何をすれば良いの??

そう思っている人も多いと思います。



いつかのブログでも書きましたが、私は近代の歴史が好きで、選挙権の変遷にも

中学生の頃から興味がありました。

せっかく多くの先人たちが努力して得た選挙権だからと思い、

20歳になって選挙権が与えられてからはその思いを胸に、

ほとんど毎回選挙に行って自分の意志を投じてきています。

期日前投票も活用しています。



20歳になって選挙について思ったことは、

誰に投票すれば良いのか、ということでした。

何を手掛かりにして候補者の考えを知ったら良いのかわかりませんでした。


学校では選挙権は20歳から与えられて、直接選べて、一人一票で、無記名で、

ということは教えられました。

このように
   ↓

選挙しくみ


やたらドント方式で議席数を計算したり・・・

このように
   ↓
選挙しくみ2



しかし、どのように政党や候補者を選ぶのか、どのような視点で選ぶのか、

そういう肝心なことは教えてくれませんでした。

公務員は政治活動が制限されているので、仕方のないことですが。


話は少し逸れますが、

一番困ったのは、衆議院議員選挙と同時に行われる

最高裁判所の裁判官の国民審査です。


投票所に行って、目が点になったのを覚えています。

国民審査というシステムがあることは学校で習いましたが、

国民審査の仕方までは誰も教えてくれませんでした。


「裁判官の名前がずらっと並んでいて、

罷免したほうが良いと思う裁判官に ✖ をつける」


これが国民審査です。

人に ✖ をつけるなんて、おこがましくてかなり戸惑いました。


このような経験があるので、私は子どもたちには選挙の単元を指導するときに、

必ず国民審査の仕方についても教えます。


「ダメだと思う人に ✖ をつけるんだよ。 〇 はつけません。」 と。

今まで指導してきた生徒は何百人といますが、ほぼ100%の生徒が目を見開いて驚きます。



話を戻します。


誰、またはどの政党をどのように選べば良いか、情報を得る術は大きく2点です。


①新聞を読みましょう。

日々変わる各政党の動きがつかめます。

また、いくつか新聞を見比べてみることでいろいろな方向から考えることができます。



②各政党や候補者のホームページを閲覧しましょう。


今は選挙に関するホームページが充実していて、

各政党の公約を項目別に比較できるページもあります。


例えば、

原発について

〇〇党は廃炉、✖✖党は再稼働

のように書いてあります。


これはとてもわかりやすくておすすめです。

(「公約 比較」で検索するとページが出てきます。明日公示のためまだページはありません。)


また、候補者自身のホームページも見るようにしています。

それぞれの候補者がどのような考えを持って生きてきたのか、

これからどのように生きようとしているのかが少しはわかります。

参院選は政党を選ぶ選挙ですが、この候補者に当選してほしいと思えるような

何かが見つかれば良いなという思いもあります。


インターネットによる選挙活動も解禁されたので、インターネット世代である10代の方も

情報は得やすいと思います。

ぜひ積極的に情報を得て、考えてほしいと思います。


それでも、やはり初めての選挙は戸惑うことも多いと思います。

18歳になったばかりの高校生は特に、その気持ちが大きいようです。

18歳、19歳のお子様がいらっしゃるお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、

どなたでも良いので、7月の参院選は一緒に投票に行ってみてはどうでしょうか。



どの政党を選んでも、どの候補者を選んでも、

どこからともなく 「政治とカネ」 の問題が湧いてきます。

またか・・・呆れてしまうことが多いのですが、それでも意思表示は続けていこうと思っています。



余談ですが、私は都民なので7月は都知事選挙もあります。

猪瀬氏、舛添氏と続けてカネの問題で失脚しているので、

本当に次こそはクリーンな方が良いなと思っています。

それにしても都知事選挙に50億・・・

舛添さんに無給で働いてもらっていたほうが良かったのか、

それとも無給だからといって手を抜いた仕事をするのを傍観していれば良かったのか、

正直わかりません。

退職金は辞退しないようなので、退職金2千万円プラス選挙費用50億。

税金ってなんだろうと思わないではいられないです。


グチのようになってしまいました。

申し訳ありません。



賛否両論のある政治家ですが、田中角栄氏の当時の影響力は絶大だったと思います。

多くの国会議員があまり提出しない議員立法を、

田中角栄氏は合計で100件以上も成立させたそうです。

最後こそカネの問題で失脚しましたが、地元や国の発展に真っすぐ向き合い、

行動した姿を見習うべき国会議員は多いと思います。



次代を担う10代、20代の若者に、

希望を与えてくれるような政治家がたくさん現れることを切に願います。






palette_juku at 22:06|PermalinkComments(0)

June 18, 2016

100点指令はいかに…♪

こんばんは。

個別指導Palette   http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。


さて、今週は近隣の中学校のテスト結果が順次返ってきていたので、

塾に入ってきたときの生徒の表情を見るのがとても楽しみな毎日でした。


自信に満ちた顔で来る生徒


うつむき加減で来る生徒


「先生ごめんなさい!」 と、謝りながら来る生徒


いろいろでした。


中学校1年生の生徒には、全員に 100点指令 なるものを出していました。

テスト範囲が狭く、内容もまだ易しい最初のテストは100点を取るチャンスです。


どの教科でも良いから1つは100点を取ってきなさい。

100点を取れるよう勉強しなさい。

そう口うるさく言ってきました。



そして 出ました 100点!!

たくさんありました 90点以上!!

80点台では物足りない、そんな意識を持つ生徒もいました。



この先のテストは、テスト範囲が広くなるし、内容も難しくなってくるので

そう簡単には100点は取れません。


それでも、

前回よりは良い点数を取りたい

85点以上はキープしたい

など、目標ができます。

その目標にどのように向かっていくか、

その過程もしっかり指導していこうと考えています。



テストは結果が全て、と言ってしまえばそれまでなのですが、

私はこうして日々子どもたちと接している以上、その過程も大切にしたいと思っています。



どうしたら目標を達成できるか、

一緒に考え、実行していきましょう。


達成できたときには、

一緒に喜び合いましょう。めちゃくちゃほめますよ!!



頑張っているところも、頑張っていないところも、

頑張りたいけれども頑張れないところも、

先生は見ていますよ。

頑張り方がわからない人は、ぜひ相談してくださいね。




palette_juku at 20:08|PermalinkComments(0)

June 11, 2016

テスト結果♪

こんにちは。

個別指導Palette http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。



さて、ほとんどの中学校、高校で中間テストが終わりました。

近隣の老松中学校や岡野中学校は、昨日テストが終わったばかりなのでテスト結果はまだわかりませんが、

私立の中学校や高校は成績表も出てきています。


まずは、みんなよく頑張ったね!!


毎日自習に来て勉強時間を増やした子もたくさんいました。


結果は、なかなか100点とはいかないまでも、

80点、90点、平均点プラス20点~30点と善戦が多かったです。

中には、今までどうしても平均点が取れなかった科目で初めて平均点超えを果たした

生徒もいました! 快挙ですね。


中学校1年生は、定期テストというものがどのようなものか、少しはわかったと思います。


お疲れさま~と


終わるわけがない!


何事も反省が肝心です。



期末テストを迎えるほとんどの生徒さんは、中間テストの結果がわかっていると思います。

あの勉強、もっとしておけば良かった・・・


もっとできていると思っていたのに、意外とできなかった・・・


学年順位、もう少し上げたいな・・・

などなど、反省点が必ず1つはあったのではないでしょうか。



反省点を見つけ、
次にどうすれば良いか考え、
即日実行!




これが成績アップには欠かせません。

 


「明日から頑張る!」


そう言って翌日から頑張った人をほとんど見たことがありません。残念ながら。


頑張りたい人は、すぐに取り組み始めます。


これが頑張れる人と頑張れない人の差。



どこで間違ったのか、

同じ間違いをしないためにはどうすれば良いのか、

本当に理解していたのか、

など、考えることはたくさんあります。


点数だけを見て一喜一憂している場合ではありませんよ!

3学期制の学校の生徒さんは、次の期末テストがもう間近です。

期末テストもまた、日頃の努力の成果を出せるようしっかり準備していきましょう。



palette_juku at 18:43|PermalinkComments(0)

June 02, 2016

開港記念日♪

こんばんは。

個別指導Palette   http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。

さて、今日は開港記念日です。

横浜市立の小中学校は、開港記念日である6月2日は学校が休みになります。


開港記念日


1859(安政6)年6月2日(太陽暦1859年7月1日)、横浜は、幕府が前年アメリカ、オランダ、ロシア、イギリス、

フランスと結んだ修好通商条約に基づいて、国際貿易港として開港されました。

それが開港記念日の由来です。

当時は祝賀行事などはなかったようですが、今はみなとみらいで開港祭という大きな催し物が行われます。

夜には花火が打ち上げられます。


はい、私は毎年花火の音とだけを楽しんで(?)います。

そして生徒たちを諭しています。

「 あのとき頑張れば良かったあのときなんだよ。」


という具合に。


花火は、目で見て音を聴いて初めて 「趣がある」 と思います。

音だけでは、雷と同じです。

大きい花火だと、地響きまでします。

「クライマックスだ~」   と生徒が嘆きます。

「しょうがないよ。来週中間テストだからね。」  と慰めます。



私は横浜の塾で働くようになって9年目になります。

初めて京浜急行線に乗ったとき、「浦賀行き」というアナウンスが衝撃的でした。


浦賀って、あの浦賀だよね!?

ペリーが来たところだよね!?


そしたら、「金沢文庫行き」 もありました。

金沢文庫って、北条氏のあれだよね!?


と、軽く歴女の私は勤務初日で驚きが止まらなかったことをよく覚えています。

※歴史好きの女性を今どきの言葉で 「歴女」 と言います。



鎌倉・・・鶴岡八幡宮、建長寺、円覚寺、

藤沢・・・白旗神社

小田原・・・小田原城

箱根・・・箱根関所

横須賀・・・ペリー公園、三笠公園

横浜・・・横浜港開港、開港記念資料館、山下公園

生麦・・・生麦事件

平塚・・・スラムダンクの聖地 ※これはおまけです


など、さらっと挙げるだけでもこれだけの歴史スポットがある神奈川県。

子どもたちにはぜひ足を運んでもらいたいです。

保護者の皆様、子どもたちをぜひ歴史スポットに連れていってあげてください。

そして、その場所その場所にある資料を一緒に読んで、一緒に歴史を感じてください。

お父さん、お母さんと一緒に行ったところや一緒に学んだことは、

子どもの記憶にいつまでも残ります。


記録よりも記憶に残る思い出

お出かけの参考にもしてみてください



palette_juku at 20:51|PermalinkComments(0)