May 2017

May 30, 2017

公立高校入試 平均点アップ♪

ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette  http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。



先日、神奈川県公立高校入試結果報告会に行ってきました。

今年度の公立高校入試結果の特徴は、

何と言っても学力検査の合格者平均点の大幅アップです。


英語:43.0点(平成28年度)→51.9点(平成29年度)

数学:51.7点(平成28年度)→63.5点(平成29年度)

国語:64.7点(平成28年度)→73.1点(平成29年度)

理科:46.5点(平成28年度)→46.9点(平成29年度)

社会:52.0点(平成28年度)→54.5点(平成29年度)



英語、数学、国語の3教科だけで約30点上がりました。

理由は明確で、マークシート方式の導入です。



英語は語順整序の問題で、

前年までは与えられた6語から5語選び、

5語全てを正しい順序で並べるという答え方でしたが、

今年度は与えられた6語から5語選び、

3番目と5番目の語をマークするという答え方になりました。

単純に不正解となる確率が低くなりました。



数学は前年までと同様大問が7つありましたが、

今年度はそのうち4問がマークシート方式での解答でした。

(全部で22問出題され、そのうち13問がマークシート方式)

しかも、小問集合、関数、確率、空間図形という

やや難易度の高い問題も出題されがちな単元が

全てマークシート方式ということで、

前年に比べて合格者平均が11.8点もアップしました。


国語は、漢字の書き取りがマークシート方式になったこと、
(読み取りは記述、書き取りは選択)

字数制限のある記述問題が1題減ったこと、

字数制限も前年に比べて10字程度減ったことが

平均点アップにつながっています。


全体的に見ると、

国語以外は問題数が減り、その分配点が高くなったこと、

また正答率の低い問題が減ったことなどが

平均点アップにつながっています。



公立高校を志望している現中学3年生の皆さん、

平均点アップ=問題が簡単

という考え方は危険ですよ!


確かに記述が減ったので解答しやすくはなったと思います。

しかし、配点が高くなったということは、

1つのミスが致命的であるということです。

うっかりミス、計算ミスのないよう、

日頃から見直しをする癖をつけましょう。


また、テストというのは時間内に

どれだけ解答できるかということなので、

時間配分も意識して勉強することをおすすめします。

「この問題は〇〇分で解く」

と決めて勉強すると良いですよ。



神奈川県の公立高校入試は

今年度からマークシート方式を導入したので、

それを踏まえた受験勉強・受験指導をしなければなりません。

しかし、現中学3年生からは大学入試が大幅に変わり、

マークシート方式のセンター試験が廃止となります。

国語と数学では記述式の解答を新たに設ける方向なので、

また勉強の仕方が変わってしまいますね。



制度が変わったとしても、

一人ひとりの学力アップ、

第一志望校合格という私の目標は変わりません。

様々な情報にアンテナを張り巡らし、

どんなことがあっても佐藤先生に聞けば大丈夫、

パレットに行けば大丈夫と思っていただけるよう、

気を引き締めて指導しなければと

改めて感じる今日この頃です。

学習相談、受験相談お気軽にどうぞ。








palette_juku at 19:17|PermalinkComments(0)

May 23, 2017

また一つ・・・♪

ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette  http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。




私事ですが、先日誕生日を迎えました。

もういい歳になってきたので

お祝いムードが薄れてきたこの頃ですが、

たくさんのお祝いのメッセージやプレゼントをいただき、

スタッフ、生徒さんには心から感謝しています。



授業後に

わざわざプレゼントを用意してくれた生徒さん、

こんなに嬉しいメッセージをくれました。


チーズケーキ



私の好みをよく知ってくれています。


kitkat



体育祭で疲れているはずなのに、

わざわざ届けてくれました。



クッキー




スタッフからいただいたものは・・・



写真を撮るのを忘れました!

ごめんなさい!!

いつもありがとうございます!!!



生徒さんやスタッフは日に日に成長し、

それを間近で見られるだけでも幸せなのに、

こうして祝ってもらえて本当に幸せです。


また一つ歳をとりましたが、

私も生徒さんやスタッフのように

一つ一つ成長できるよう精進したいと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



palette_juku at 20:13|PermalinkComments(0)

May 16, 2017

中間テスト♪

ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette  http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。



中学生、高校生の皆さん、

中間テストが近づいてきましたね!


パレットは連休明けからテスト対策授業が始まりました。

自習に来る生徒さんもたくさんいて、毎日とてもにぎやかです。



明日から各学校が順次テスト期間に入ります。

ここから1ヶ月ぐらい、ほぼノンストップでどこかの学校がテスト期間なので、

私の胃もキリキリしっぱなしです・・・



テストに向けて、勉強内容の指導はもちろん、

勉強の仕方やスケジュールなどもアドバイスしています。

いつまでにどこまで暗記するか、

いつまでに問題集を1周するか、

テスト範囲内を一通り学習し終えたら次は何をするか、

覚えたことは必ず確認する、

など、それぞれの生徒さんに具体的なアドバイスをしています。



私からだけではなく、講師からも具体的なアドバイスが聞こえてきます。

頻出の問題を見かければ

「これはテストによく出るから覚えておこうね」

「テストのときはこういう書き方の方が得点につながりやすいよ」

などなど、どの講師もとても親切に指導してくれています。

手前味噌ですみません。


学年の最初のテストなので、生徒さんも気合十分という感じです。

テスト範囲があまり広くないこともあり、

今回のテストは平均点が高くなる傾向があります。

そういうテストで重要なのは、いかにミスを減らすかです。


とても気になることがあるのでここで書きます。

ミスをしやすい生徒さんは、

顔がノートやプリントに近すぎることが多いです。


顔が近いとどうなるかというと、

視野が狭くなりミスに気付きにくくなります。

自分が書いている文字すら見えにくくなります。


ちょっとしたことかもしれませんが、

それだけで大きなミスにつながってしまうことがあります。

積み上げてきた努力が水の泡となってしまうこともあります。

悔しい思いをするのは生徒さんなので、

私はしつこいぐらい生徒さんには声をかけます。


「顔を近づけすぎないこと」

「利き手ではない方の手をノートやプリントにしっかり添えること」
(これは昨年のブログでも紹介しました)


姿勢を良くして、

自分の書いた文字をしっかり見直しながら書き進めてみましょう。



日々テストに向けて頑張っている生徒さん、

努力の分だけ結果はついてきますよ。

努力したことは一つも無駄にはなりません。

万全の準備をしてテストに臨みましょう。

困ったことや要望があれば、

いつでも気軽に相談してくださいね。



palette_juku at 22:03|PermalinkComments(0)

May 02, 2017

日々勉強です♪

ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette   http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。



いよいよ明日からゴールデンウイークですね。

生徒さんたちも、今日はなんだかそわそわしています。

「旅行に行くんだ~」

「お友達と遊ぶんだ~」

「おじいちゃん、おばあちゃんのところへ行くんだ~」

「釣りに行くんだ~」

楽しそうに話してくれる顔が皆、とってもかわいいです。


しかし!!!

浮かれてばかりもいられないのが受験生!!!


模試が終わったばかりの生徒さんは模試の見直しを、

もうすぐ模試の生徒さんはその対策を、

ノートやプリントの整理、

英単語や古文単語、漢字練習や計算練習など、

この連休を上手に使って取り組んでみてください。


「今できることは今のうちに」 がポイントです。


もちろん課題もたくさん出していますので、

生徒の皆さん、連休明けにチェックしますよ―――!

抜き打ちテストがあるかも!?



さて、先日Twitterでもつぶやきましたが、

最近、私自身が高校生に日本史を教える機会が度々あります。

小学生~高校生にかけて一番好きな科目だったので

教えていてとても楽しいのですが、その反面授業準備も大変です。

必死に勉強してひたすら覚えて、という現役時代は何年前やら・・・


日本史の一番大変なところは、

覚える量が膨大だということはもちろんですが、

個人的には、漢字が読みにくい、というところだと思っています。

手前味噌ですが、私は漢字は得意な方です。

それでも人名や地名だけでなく、

制度の名前などでも読みにくい漢字が山ほどあります。

これは現役の頃から実践していたことですが、どんなに易しい漢字でも、

複数の読み方があるものにはふりがなをふることをおすすめします。

読めれば書ける、書ければ覚えられる!



他にも日本史を勉強する上で大変なところ、

それは世界史との時代の一致や各国との関係性の把握ではないでしょうか。

古代~中世では中国や朝鮮との関係、

中世以降は欧米やアジアとの関係、

これらをしっかり整理することで見えてくることがたくさんあります。

それらをノートや年表にまとめることもおすすめです。



奥が深い科目なので、気になりだしたら私は止まりません。

一度は覚えたはずのことなので、見れば思い出せるものがほとんどです。

教科書、用語集、図説、史料集、参考書などあらゆるものを活用します。

現役の頃のノートも参考にしています。(生徒さんや講師にも評判のノートです。)

日本史



今、少しはまっているのが文化史です。

古代~中世の文化史は自分が後回しにしていたものが多く、

(というか、私の高校生の頃の日本史の先生が仏像が大好きな先生だったので、

仏像ばかり覚えていたという言い訳なのですが)

これはどんな作品だったか、

この人はどんな人だったか、誰に師事したか、

どのような背景があったのかなど、

今勉強し直すと改めてわかることや発見が多く、

大変ですが楽しい時間を過ごしています。

ただ、本当に忘れていることが多いです。

スペシャリストに教わり直したいぐらいです・・・

生徒さんも頑張っているので、私も勉強頑張ります!!



どんな勉強でも、わからないことをそのままにせず

調べられるものは徹底的に調べたり、

知っている人に聞いてみたり、

そうして得たことはメモやノートにまとめて自分のものにする、

学業だけに限らず、社会に出てからも必要なことですね。


日々勉強です。


そうですよ、生徒の皆さん、勉強は一生終わりませんよー!!

連休しっかりリフレッシュして、連休明けからまた頑張りましょうね!!








palette_juku at 20:12|PermalinkComments(0)