June 2017

June 27, 2017

夏に向けて♪

ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette  
http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。




先週1週間、保護者面談期間として

保護者の皆様に塾へお越しいただき、

たくさんお話しをさせていただきました。

この場をお借りしまして御礼申し上げます

ありがとうございました。


お話の内容は、

①塾の授業のご報告

②ご家庭や学校での生活や学習の様子のお伺い

③ご要望に対する進捗状況のご報告や確認、お伺い

④志望校や進路の確認やご相談、必要な模試について

⑤今後の成績アップに向けての展望と夏期講習について

です。

小学校1年生から浪人生までお預かりしていますので、

ご要望やご相談の内容も様々です。


小学校低学年では、

「字を丁寧に書くよう指導してほしい」

「宿題の内容がわかるようメモを残してほしい」

「筆算のくり上がり、くり下がりをよく見てほしい」

など、学習の基本となることへのお話が多いです。


私からも必要に応じてご提案をさせていただいています。

「鉛筆の持ち方や姿勢など、ご家庭でも声をかけてほしい」

「音読を聞いてあげてほしい」

「ノートのマスは〇〇年生ならこのぐらいの大きさが良いですよ」

などです。


1けたのたし算、ひき算がまだ完璧ではないという生徒さんへは、

夏に100マス計算に取り組んでみるようご提案しました。

100マス計算


低学年のうちから数字に慣れておくことは大切なことだと思います。

生徒さんは大変に思うかもしれませんが、頑張ってもらいます。

楽しんでもらえると良いな、と思っています♪


小学校高学年になると、学校のテストや模試、

中学受験についてのお話も多くなります。

横浜市西区は中学受験率が横浜市内でも高い地域なので、

半分以上の小学生が中学受験について考えます。

受験することのメリット・デメリットをお話ししたり、

受験までに必要な勉強についてお話ししたりします。



受験するか迷っている場合は、

まずは受験に向けての勉強を始めてみることをおすすめしています。

受験に必要な勉強は、小学生にとっては膨大な量だと思っています。

特に男の子は4教科受験が必須な中学校が多いので、

早めから4教科の勉強に取り組む必要があります。

勉強するのが遅くなれば遅くなるほど、生徒さんの負担は大きくなります。

早めから始めておけば後から大変すぎる思いをしなくてすみますし、

途中で受験自体をやめたとしても、

そこまで勉強してきたことは決して無駄にはなりません。

受験について気になっていることなどあれば、ぜひご相談ください。



中学生になると、部活、成績、志望校についての内容が中心です。

中でも、部活が忙しくて勉強の時間が取れないというご相談が多いです。

生徒さんも保護者様も本当に困っている様子を拝見しますが、

こればかりは完璧な解決策を見出せずにいます。

1日24時間、365日は皆さん一緒なので・・・。

しかし放ってはおけないので、

時間を決めて短い時間でも毎日これだけは取り組む、

ということをアドバイスしたり、塾の宿題の内容を精査したりします。

部活との両立は本当に課題ですね。

夏休みを利用してしっかり予習・復習をしましょう。


目標ができると頑張れるのだなと実感したことがあります。

ある中学生が、高校を飛び越えて

「〇〇大学に行きたい!」という目標がつい最近できたそうです。

今まで高校もどこが良いか、という状況だったのですが、

その目標ができてからというもの、

いろいろな高校を調べてどうしたら〇〇大学に行けるか、

進学実績なども踏まえて高校選びをしているようです。

勉強も今までよりも何倍も頑張れているということでした。

受験指導、進路指導を担っている身としては大変嬉しいことです。

そのモチベーションが続くようサポートしようと思います。


高校生は成績、就職も含めての進路と大学受験についてです。

大学の入試制度や学部の特徴、どのような就職先があるか、

受験までにどのタイミングでどのような勉強をすれば良いかなどを

お話ししました。

時間の都合で生徒さん含めず保護者様と二者面談の場合は、

面談前または面談後に生徒さんともお話しをします。

そしてこの夏休みに取り組むべき課題を与えます。

いつまでにここまでインプット、いつからはアウトプットというように

期限も設け、進捗状況のチェックもします。


そして高校3年生と浪人生はこの夏はこれです。

センター過去問


文系志望の生徒さんは暗記量が膨大で辛そうなときもありますが、

そこは心を鬼にして。

何年も温めている目標があるのだから絶対に現役で、

せっかく浪人してまで辛い思いをしているので絶対に第一志望校へ。

途中歩いても良いので、あきらめずに目標に向かって走りましょう。

大学受験は勉強量が物を言います。日々勉強です。

ただし、メンタルも含めて体調管理もしっかりしてくださいね。



早いもので今年ももうすぐ半分が終わります。

暑い、熱い夏を生徒さんと一緒に乗り越え、

後半の成績アップや第一志望校合格に弾みをつけたいと思います。

スタッフ一同全力でサポートしますので、

生徒の皆さん、一緒に頑張りましょうね。


これから塾を、とお考えの生徒さんや保護者様、

夏期講習から始めてみるのも良いですね。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

http://palette-juku.com/ipasxcea/続きを読む

palette_juku at 20:47|PermalinkComments(0)

June 13, 2017

中間テスト♪

ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette  
http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。


5月中旬から約1ヶ月の間に、

それぞれの生徒さんの中間テストがあり、

今週でひと段落です。


すでに結果が出ている生徒さんの中には

新学年の良いスタートを切れた生徒さんもたくさんいて、

スタッフ一同喜んでいるところです。


中学2年生の数学満点を筆頭に、

中学3年生では数学20点アップが続出、

中学2年生でも初めて50点を超えられた生徒さんや

初めて平均点以上得点できた生徒さんがいて、

頑張って良かったね!!と褒めまくっています。

今回の中学生の数学のテストは、

計算問題が多いので毎年平均点が高めのテストになります。

ミスが致命的になるから、しっかり計算の練習をすること、

公式を覚えること、見直しを必ずすること、

など基本的なことをとにかく徹底して指導をしてきました。



どの生徒さんの答案用紙を見ても

単純なミスが少なかったり、

間違っていても惜しい間違いであることが多く、

私たちの言葉を心に留めておいてくれたのかなと

とても嬉しい気持ちになりました。

みんな素直な生徒さんたちです。


他にも、英語で過去最高の得点だった生徒さん、

高校入学後初めてのテストで、

英数国平均85点という高得点を取ってきた生徒さん、

中学入学後初めて80点以上取れたという生徒さんなど、

それぞれの生徒さんに嬉しいことがあったテストでした。



中には、頑張って勉強したけれども

残念ながら思うような結果にならなかったという生徒さんもいました。

答案用紙を見ながらどこでわからなくなっているのかを分析し、

次に向けてのアドバイスや解き直しをしています。


良かったことも悪かったことも、

次に活かせば成長できます。

悪かったからと下を向くのではなく、

良くなる方法を一緒に考えましょう。


早くも期末テストが近づいている生徒さん、

中間テストを振り返り、同じ間違いは繰り返さないよう、

良かったことはこれからも続けられるよう、

計画的に勉強をしましょう。


暗記するべきものや暗記科目は、

遅くてもテストの3日前までには完璧に覚えましょう。

そしてテストまでの3日間で覚えきれているかの確認や

実戦演習(アウトプット)をしましょう。


理数系の科目であれば、

教科書や問題集の該当ページを最低3周は演習しましょう。

演習量と得点はほぼ比例します。

ですから、理数系の科目はとても時間のかかる科目なのです。

前々から問題演習に取り組み、手と頭をたくさん動かしましょう。


生徒さん一人ひとりの努力が実を結ぶよう、

我々スタッフ一同も気を引き締めて指導していきます。

一緒に頑張りましょうね。



palette_juku at 21:57|PermalinkComments(0)