ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette (ホームページはこちら)

塾長の佐藤真由美です。



今年もいただきました!!!

ハッピーバレンタイン



バレンタイン



女の子たちありがとう♪♪♪

辛党でもあり甘党でもある私。

カツを食べてばかりいたら最近太りましたが、

これでまた太ってしまいます・・・




そして今年もついに今日という日がやってきました。


公立高校入試の共通選抜(筆記試験)


ここ5年間、毎回傾向が変わるので今年も覚悟していましたが、

今年も変わったところがありました。




英語は大問が1つ減り、英作文も減りました。


リスニングからデータに関する問題を出すなど、

驚いた中学生も多いのではないでしょうか。

神奈川県の公立高校入試は英語のリスニングから始まるので、

この最初の段階で過去問にないような問題が出ると

中学生は動揺してしまいますよね。

読解の問題でもデータに関する問題が多く、

解くのに時間がかかる入試問題だったと思います。




国語は前回の平均点が7割に達したこともあり、

予想通り難化していました。

漢字の読み取り問題の

「苦衷」を読めた中学生はどのくらいいたのでしょうか。

文章問題のボリュームも増えていましたが、記述は減りました。

読ませて書かせず、です。




数学も記述が大幅に減り、


証明問題も完全証明の形式ではなくなりました。

パレットの生徒さんで証明が苦手な生徒さんは、

冬期講習から思い切って証明問題を捨てました。

結果論ですが、そのように方向転換して良かったです。

その分、小問集合など基本問題の対策に時間をかけました。

正答率が二極化しそうな入試問題だったので、

パレットで対策したような基本問題で

どれだけミスなく得点できたかが鍵となりそうです。




「理科は易しくなった」


という話が業界では飛び交っていますが、

前回よりは易しくなっただけで

実験内容などの情報量が多く

まだまだ解きにくいと思います。




社会は記述問題が大幅に減りました。


その代わり、回答が選びにくくなりました。

選択肢が6択の問題や、

「①と②に当てはまるものを答えなさい」のように

2つの答えの組み合わせを考えさせる問題が多くありました。




こういった傾向の変化は、


やはり2020年の大学入試改革に向けてです。

今の中学3生から変わる大学入試。

いろいろ考えたいところですが、

今は高校受験生が

明日、明後日の特色検査や面接に全力で臨めるよう、

中学1・2年生や高校生が

学年末テストに全力で臨めるよう

祈り、サポートしたいと思います。

これを読んでくださっている皆さんも、

遠くからでも良いので応援してあげてください。