ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette (ホームページはこちら)

塾長の佐藤真由美です。



先日、小学校低学年の生徒さんの授業を担当しました。

宿題で漢字の練習をしてきていましたが、

とめ・はね・はらいが適切ではない字がいくつかあったので

授業のときに一緒に漢字の練習をしました。


漢字練習



「はねて!」のように

ほんの少しアドバイスを書いてあげると喜んでくれました。

「はねて!」をたくさん書いているうちに、

自分から

「あぁ、次の字もはねてない。きゃはっ♪」



今日一番言いたいのは、

この「きゃはっ♪」にメロメロになってしまった

ということです。



ずっとこの「きゃはっ♪」に浸っていたかった…



締まりのない顔をした私。

この生徒さんの隣に座って1回ずつ書いてもらい

書き順やとめ・はね・はらいを見てあげると、

これでもか!というほど集中して書いていました。



後は一人でも練習できます。

この日は宿題として家で3回ずつ練習するよう伝えました。

次回の授業日が楽しみです。

「きゃはっ♪」もかわいいけれど、どや顔もいいな。



隣で見てあげるって、低学年にはとても大切ですね。

この12個の漢字を見張っていた時間は5分程度です。

保護者の皆様もぜひ、隣で見てあげてください。

そして、練習が終わったら大きな丸をあげてください。

花丸あげるととても喜びますよ!