こんばんは。

個別指導Palette 塾長の佐藤真由美です。


さて、3学期制の学校を中心に中間テストが順次始まりました。

「もうやだ~!」

「早く終わってほしい!」

と、まだ始まってもいない生徒が言います


高校生にもなれば、定期テストに向けてどのような準備をすれば良いかはもうわかっているはずです。

私や担当の講師からもそれぞれアドバイスしています。

「何をやれば良いか、わかっているでしょ。」

こちらが諭しても、

「わかっているよ。でもさ~ ✖〇!だってさ~△・◆?🌀」


はいはい。そうですね。

グチりたい気持ちもわかります



昨日、高校生が1人パレットに来ました。

入ってきた途端、講師から歓声があがったので誰かと思って見たら、

高校受験終了を期に塾は一旦お休みにした生徒でした。


高校の制服を着て、髪型も一新してすっかり大人びた姿に感心しましたが

話を聞いてみると、テスト前なのに数学でわからないことがあると困っていました。


何がわからないのかを聞き、

来週に迫ったテストに向けて塾としてできることなどをその生徒と話しました。

保護者の方にもご連絡をして、テストまでの勉強と塾の予定について決めました。


数学は中学生の頃も得意ではなかったので心配はしていました。

それでも、高校生になったら自分で勉強してみるということだったので

勉強のしかたなどをよく説明して送り出したつもりです。



「わからなくなったら、すぐに相談しに来てね。」

最後に言ったことを、その生徒は覚えてくれていたのでしょうか。



勉強がわからなくなってしまったことは、決して良いことではありません。

しかし、困ったと言って来てくれたのは嬉しかったです。


「できることは何でもしたい、力になりたい」

私はもちろん、講師も全員同じ気持ちです

パレットは、誰からも頼られる存在でありたいと思っています。


できないことができるようになることを、子どもはとても喜びます。

大人だって嬉しいです。

そのような達成感を味わって、もっともっと、と向上心を持っていてほしいと思っています。


頑張れ子どもたち