個別指導Palette(パレット)のいろいろブログ

個別指導Palette(パレット)の塾長のブログです。 みんな色々なカタチがあって良い・・・という思いから開いた塾です。 子どもが大好きな塾長から見た、子どもたちや日々の色々をお伝えしていきます。

タグ:卒業

ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette   http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。



まさに春の嵐という陽気ですね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今回は個人的な内容で大変恐縮ですが、
よろしければご覧ください。


岡田先生



先日、長年勤めてくれた講師が
就職のためパレットを卒業していきました。
本日のブログは彼女へのラブレターです。


私と彼女との出会いは、かれこれ10年ほど前になります。

まだあどけない中学1年生だった彼女は、
私が以前勤めていた塾に体験授業に来ました。
私との授業で、空間図形の表面積、体積を求める勉強をしたことを今でも覚えています。

そのままその塾に通ってくれることになり、
高校受験を迎え、努力の塊だった彼女は第一志望校に見事合格。
部活に専念するため半年ほど塾をお休みしましたが、
苦手な科目ができてしまったときに戻ってきてくれました。

部活が8~9割という生活だったので、
勉強の時間をギリギリ絞りだしてという状況で大学受験をし、
苦戦を強いられた受験でしたがなんとか合格を勝ち取りました。


いよいよお別れかと思いましたが、
受験が終わって3週間ほど経ったある日、
講師として働きたいと言いに来てくれてとても嬉しかったです。
「〇〇ちゃん」から「〇〇先生」と呼び名を変えたことも新鮮でした。

ただ、少し不安もありました。
彼女はなかなかの人見知りなので、
人見知りの生徒さんとやりとりができるのだろうかと・・・
私が不安な顔をしていると彼女も不安でしょうし、
私も十分フォローできるぐらいの経験はあったのでどんと構えよう、
そんな思いでの初回授業でした。


しかし、私の不安はただの杞憂に終わりました。
すぐに授業にも慣れ、たくさんの生徒さんや先輩講師を送り出し、
いつしかベテランの講師へと成長しました。


パレットを開校したときも一緒に働きたいと言ってくれました。
あっという間にパレットでも人気者の講師になり、
先輩講師、後輩講師からの信頼も厚く、
何より私の彼女への信頼は絶大でした。

彼女は講師としての4年間、一度も欠勤がありません。
生徒時代も欠席はなかったと思います。
めったに病気にもならず、細身ですが丈夫な子でした。

また、塾運営に関してもたくさん意見を出してくれました。
教材の収納や書類の整理は彼女の提案を取り入れていますし、
このブログにも登場した受験前のカウントダウンの掲示物も彼女の案です。
運営に必要なものもたくさん作ってもらいました。

講師目線、生徒目線で細かいことに気付いてくれて、
でも決して失礼な言い方はせず、気遣いのある助言をしてくれました。
経費削減にも積極的に協力してくれ、
将来良いお嫁さんになるだろうな・・・と何度も感心しました。


体験授業も安心して彼女に任せられました。
人見知りの生徒さんも、彼女とはすぐに打ち解けられます。
ちょっと生意気な生徒さんも、彼女の言うことは聞きます。

何が上手なのだろうと考えていたのですが、
先日ある講師がこんなことを言っていました。


「アメとムチが上手なんですよ。見習いたいです。」


ああ、それだ・・・
素直にそう思いました。
だからみんな言うことを聞くのだと。

そして聞き上手です。
授業中に指導しているときも、
休み時間に生徒さんと話をしているときも、
本人は無意識かもしれないけれど
上手に引き出しているなと思うことがたくさんありました。
私はそれを、耳をダンボにして聞いていました(笑)


彼女はディズニーが大好きで、
月に何度もディズニーリゾートへ遊びに行くほどです。
彼女が講師になってからは
何度も一緒にディズニーランドへ遊びに行きました。
いつも私の方がはしゃいでいますが・・・

仕事の後に、二人でご飯を食べに行ったこともたくさんありました。
「これを食べに行った」
「今度あれを食べたい」
「どこどこへ遊びに行った」
「これ、かわいいですよね」
と言ってはたくさんの写真を見せてくれます。
こんなに写真を保存できる今の技術はすごいなと、
変なところで感心していましたが、
彼女がニコニコしながら話している姿はとても可愛らしいです。


この文章を書いていて、
過去形で書くべきところを現在形にしてしまうことがあり
何度も何度も修正しました。
私にはまだ、彼女がパレットからいなくなる実感がないようです。
徐々に子離れ、そのような気持ちです。

中学校の制服姿、
高校の制服姿、
成人式の振袖姿、
リクルートスーツ姿、
大学の卒業式での袴姿、

それらを見る度に彼女の成長に感動し、
ついに社会人。
これからまだまだ成長していくことを考えると楽しみで仕方ありません。

楽しいこと、辛いことも含めて
たくさんの経験を積んでほしいと思っています。
それは生徒さんへも講師へも同じ思いです。

経験を積む中で、
もし壁にぶつかってしまったり、ぶつかりそうになったり、
道に迷いそうになったり、道が見えなくなってしまったり、
そんなときはパレットを思い出してくれたら嬉しいです。
いつでも話を聞きますよ。

嬉しいことがあったときはぜひ報告してください。
一緒に跳びあがって喜びましょう!!


たくさんのありがとうを、ありがとう。
今後のご活躍をお祈りしています。

齋藤先生桜
写真:パレットTwitter サイトウ先生より


最後までお読みいただきありがとうございました。

こんばんは。

個別指導Palette   http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。



今日は近隣の小学校の卒業式でした。

あんなに小さかった生徒が、

私の身長をあっという間に追い越し、

小学校卒業なんて・・・

またしても親のような気分です。


6年間という長い期間通った小学校とも、今日でお別れです。

パレットがある横浜市西区は中学受験率が高い地域です。

中には、1クラス分や半数近くは違う中学校に進学するという小学校もあるほどです。

ですから、仲の良いお友達と中学校からは離れ離れになってしまう子も多くいて、

寂しいという話もよく聞きます。


地元の公立中学校に進学するのも、

中学受験をして少し遠くの中学校に進学するのも、

小学校から中学校に進学するというのは子どもたちはドキドキのようです。

新しい環境に飛び込むというのは大人でも勇気のいることですから、

子どもたちの不安は計り知れませんね。


中学生になると、

制服があったり、教科ごとに先生が変わったり、

部活動が始まったり、提出物がこまめにあったり、

厳しく成績がついたりと新しいことだらけです。



子どもたちが安心できるよう、

進学する中学校の情報をできるだけ教えてあげるようにしています。

私はこの地域の塾で勤務するようになって約10年、

部活動の活動頻度や特徴のある提出物など、

細かい情報も増えてきました。

学校の先生方の転任があるので毎年勉強ですが・・・。



新しい環境への不安は尽きないと思いますが、

楽しいこともたくさんあると思います。

勉強も、勉強以外のこともたくさん経験できます。

いろいろな経験をして、もっともっと大きくなってほしいと思います。

卒業



このページのトップヘ