ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette (ホームページはこちら)

塾長の佐藤真由美です。



先日「小学英語に関するセミナー」に行ってきました。

たくさんの衝撃を受けました。

ぜひお読みください。




突然ですが、質問です。

☆これらの日本語、英語で言えますか?


①フライドポテト

②図画工作

③獣医

④観覧車




★これらの英単語、何だかわかりますか?


①parfait

②goat

③vulture

④nest





正解は最後に発表します。


ほんの一部ですが、

これらは4月から小学生が外国語の時間に学ぶ英単語です。

ご存知の方も多いと思いますが、

この4月から小学校で本格的に外国語(英語)の授業が始まります。

今までも小学校で英語を学習していましたが、

教科としての学習は初めてになります。

教科になると何が変わるのか、それは以下の2点です。


「学習目標が設定されること」

「成績(評価)をつけること」





学習目標は5つの領域において、

小学校・中学校・高校の段階を踏んで設定されています。

5つの領域とは以下の通りです。

「聞くこと」

「話すこと(やり取り・発表)」←これで2領域

「書くこと」

「読むこと」






小学3・4年生は活動型の授業で、週1コマ程度です。

<「聞くこと」「話すこと(やり取り・発表)」を中心に

外国語に慣れ親しませ、学習への動機付けを高める>


ことが目標です。



小学5・6年生は教科型の授業で、週2コマ程度です。

<段階的に「読むこと」「書くこと」を加える>

ことが目標です。



現在小学校では英語の学習時間が年間35コマあります。

2018年度と2019年度の2年間は移行措置期間として

最低でもプラス15コマ分の時間を

各学校で加えることになりました。


今でもいっぱいいっぱいの授業数、

どこに英語の授業を組み込むかというと・・・


「朝の会や昼食の後の15分程度の時間」


を使っても良いことになりました。


総合の時間を削ることを検討する学校もあるようです。

多くの子どもたちは総合の授業が大好きなのですが、

そうせざるを得ない状況になってきました。


現在、小学校では『 Hi,friends! 』(文科省発行)

という任意の教材を使用していますが、

4月から始まる移行措置期間用に新たに

『 We Can! 』(文科省発行)という教材を作りました。

この『 We Can! 』は全国共通の必須教材で、

『 Hi,friends! 』は併用しても良いという位置付けになりました。

ちなみに横浜市は現在独自の英語冊子を使用していて、

4月からはこの独自の冊子と『 We Can! 』『 Hi,friends! 』の

3冊を全て使用するそうです。

全国的に見てみると、

『 Hi,friends! 』をベースに『 We Can! 』を併用する

という進め方をする自治体が多いそうなので、

横浜市はかなり異例だそうです。

問題はそのページ数です。

『 Hi,friends! 』 + 『 We Can! 』= 約200ページ

横浜市の小学生は・・・

年間約50コマで200ページ超!!

1つ目の衝撃でした。




次です。


小学校・中学校・高校で学習する単語数も新たに設定されました。

小学校では600語~700語です。

具体的には、こんな感じです。


小学英語2



中1で習った!!!

そんな単語が目白押しです。

また、単語だけではなく連語や熟語もたくさんあります。


「小学生のうちにこんなに英単語を覚えるの・・・?」

そう感じた方も多いのではないでしょうか。

しかし!!それが違うのです。

実はこれらの英単語や連語、熟語は

小学生のうちは書けなくても良いのです。

「書き写せる」ことができれば良いのです。

要するに、「触れておく」ということです。



「なんだ~良かった!安心安心!」


ところがそう思うのは危険です。



小学校で600~700語の英単語に

「触れておく」と先ほど書きましたが、

中学校では1600~1800語の英単語を

「読める」「書ける」「意味がわかる」ようにするのです。

しかし、この1600~1800語の中に

小学校で触れた600~700語は含まれません。

ということは、中学校では・・・

実質2200~2300語を習得することになります!

そして、この2200~2300語の英単語が高校入試に出てくるのです。

600~700語、いつ覚えるの!?


2つ目の衝撃でした。





次です。


先ほど触れた『 We Can! 』という教材を作るにあたり

文科省が細心の注意を払ったのは


「英語嫌いを作らないカリキュラム配慮」


だそうです。

とても良い着眼点だと思いました。

しかし、事は私の予想をはるかに上回りました。


つまずくことが多い3単現のs、

教材では扱わない!!!


少し語弊があるので補足しますが、

「be動詞、一般動詞の扱いでは3人称の単複を扱わない」

ということです。


しかし、会話では自分や相手のことだけではなく、

お友達やお友達の家族(彼や彼女にあたる人)

の話も当然出てきます。

でも3単現のsは使いたくない・・・

そこで!!

「he や she の後には can や would like to をつけよう!」

となりました。



確かにそれらの語をつければその直後の動詞は原形です。

主語が何人称であろうと。

そうですか・・・。ですよね・・・。

と微妙な気分のまま、教材の説明を聞きました。

導入部分のページに数名の著名人の顔写真があり、

各著名人についての映像を見ます。

以下はそのスクリプトの一部です。


「Dr. Yamanaka Shinya is a professor at Kyoto University.

   He recieved Novel Prize. He studies iPS cells.」


ちょっと待ったー!!!


「He studies~」って、


3人称のs使っている!!




そうなのです。

「教材には載せないけれど映像には普通に出てくる」

という、とてつもないからくりがありました。

ちなみにこれは5年生用の『 We Can! 』の話です。

3つ目の衝撃でした。


お腹いっぱいになりました。

他にもたくさんあったのですが、

今日はここまでにしておきます。

他の衝撃的な内容を知りたいという方、

ぜひお電話やメールをください。

個別指導Palette

電話:045-548-9667

メール:palette@sage.ocn.ne.jp




学習指導要領の改訂、小学英語導入や大学入試改革など、

教育に関することはどんどん変化していきます。

改めて、塾はタイムリーな環境でなくてはならないと思いました。

アンテナを張って情報を集め、必要なことを適宜準備して

生徒さんたちの学力アップや成績アップ、第一志望校合格など

それぞれの目標を達成するべくバックアップしていかなければ。

生徒さんたちと共に努力していきます。



さて、単語の正解発表です。


☆これらの日本語、英語で言えますか?

①フライドポテト→French fries

②図画工作→arts and crafts

③獣医→vet

④観覧車→Ferris wheel




★これらの英単語、何だかわかりますか?


①parfait→パフェ

②goat→ヤギ

③vulture→ハゲワシ

④nest→




これらの単語がどのようなシチュエーションで登場するのか、

『 We Can! 』が楽しみです♪