個別指導Palette(パレット)のいろいろブログ

個別指導Palette(パレット)の塾長のブログです。 みんな色々なカタチがあって良い・・・という思いから開いた塾です。 子どもが大好きな塾長から見た、子どもたちや日々の色々をお伝えしていきます。

タグ:新年度

ご覧いただきありがとうございます。

個別指導Palette (ホームページはこちら)

塾長の佐藤真由美です。



今日から2019年度が始まりました。

皆さん、ご入学・ご進級おめでとうございます。

新しい学校、新しいクラス、新しい生活など、

新しいことがたくさんありますね。

皆さんがたくさんの経験をして、学んで、

一回りも二回りも成長できるよう祈っています。




今日は午前中に春期講習の授業をしていたのですが、

新元号の発表のある数分間、授業を中断して

発表の瞬間を生徒さんと一緒に見ていました。



発表になった瞬間、歴史の得意な生徒さんが

「前に令という漢字の元号ってなかったかなぁ。」

と言うので、一緒に調べてみました。

「永和」や「明和」など、似たような元号はありましたが、

「令」という漢字はありませんでした。




このように、ちょっとしたことがきっかけで

「じゃあ調べてみよう!」となる瞬間が好きです。

生徒さんにもこの気持ちをわかってもらいたくて、

よく「調べてみよう!」と言います。



今日も歴史の授業のときにありました。



律令国家のときの税制の問題の解説をしていたのですが、

「雑徭(注1)って長いと60日間も働くよね。」

という話から、

「家から通えれば家族に会えるけれど、

歩いて一日かかるようなところに働きに行くとなったら

どこか別の家に住むのかな。」

という話になり、最終的には

「この頃、庶民ってどんな家に住んでいた?」

というところに発展しました。



「竪穴住居?もう竪穴住居じゃないよね?」

「でも小屋、作れた?」

「技術はあっても庶民にそんな経済力あった?」

と議論が飛び交い、

「調べてみよう!」

と図説を開く私。




「庶民の暮らしって意外と載ってないね。」

「これは役人の家だよね。こんな立派な家に庶民は住まないね。」

そうこう言いながら読み進めていくと、

端のほうに小さく載っていました。


~~関東では10世紀頃まで、

それ以外の地方や山岳地帯では13世紀頃まで、

庶民は竪穴住居で暮らしていた。~~



生徒さんと一緒に

「えーーーっ!!」と驚きました。

そして生徒さん、

「関東だって山岳地帯ばかりだし…。」

「13世紀って、鎌倉時代まで!?」

確かに…。



竪穴住居は古代も古代のイメージ、

古墳時代ぐらいまでだと決めつけていました。



「14世紀以降はどのような家だったのかな?」

「時代劇に出てくるような家かな?」

という話になりさらに調べていくと、

やっと小屋になりました。

まさに時代劇の、

生徒さんが言うには『木でできたプレハブ』

でした。私も勉強になりました。



政治や外交を中心とする歴史以外に、

庶民の暮らしについても知りたいと思いました。


(注1)律令制下での労役の形態を取る租税制度。



このように、調べれば調べるほど

「これ以外は?」「その次は?」

と、疑問点が次から次へと湧いて出てきます。

一つ調べるだけで他のことも知ることができる、

得した気分になりますね。

この気持ち、たくさんの生徒さんにわかってもらいたいです。



新しい学年になると、学習する内容の難易度が上がり、

必要な知識もこれまで以上に多くなります。

面倒だな、と思うこともあるかもしれませんが、

1つわかると嬉しい、楽しい、と思えることもあります。

その嬉しい、楽しいを積み重ねられるよう、

生徒さんたちにたくさんのことを教えてあげたいです。

生徒さん一人ひとりの目標に向かって塾長、講師一同

精一杯サポートいたします。

今年度もどうぞよろしくお願いいたします。



62409




こんばんは。

個別指導Palette   http://palette-juku.com/

塾長の佐藤真由美です。



今年度も残すところあと一日。

先週には生徒さんたちの一年間の成績表が出て、

生徒さんたちと一緒に一喜一憂しました。

テストの点数以上にレポートなどの課題を大きく評価する先生方が多く、

改めて絶対評価の難しさも感じます。


思い通りの成績がとれなかった生徒さんもいましたが、

私が思っている以上に前を向いています。

「次のテストで頑張って成績を上げたい」

「来年度は提出物をもっと丁寧に取り組んで成績を上げたい」

「学校の先生たちを見返したい」

というような力強い言葉もたくさんの生徒さんから聞くことができました。


4月から新学年。

あっという間に一年が過ぎていくので少しも気が抜けません。

受験生は受験に向けて今から計画的に学習に取り組めるようなカリキュラムを、

受験をしない生徒さんも、その学年の学習単元をしっかりおさえられるようなカリキュラムを、

私が先の先まで見越して作成します。、もうすぐ全員分作り終わるところです。


2月、3月は新たにパレットに入塾してくれた生徒さんがたくさんいました。

今いる生徒さんも、新しくパレットに来てくれた生徒さんも、

全員の成績が上がるよう、全員が第一志望校に合格できるよう、

気を引き締めて指導していきます。

何事も初めが肝心と思っているので、

春期講習では新学年の予習にも取り組んでいます。

新学年の良いスタートを切ることができるよう、精一杯サポートします。




新年度の良いスタートに向けて、

昨日はスタッフに夕方から集まってもらって大掃除とミーティングをしました。

開校から1年3ヶ月、やっと大掃除をすることができました。


大掃除チェックリスト


このように簡単にチェックリストを作成して、

物をずらして拭いて掃いて、スタッフみんなでパレットをピカピカにしました。

日頃から掃除は欠かさないのですが、それでも大きいものをずらしたり、

本棚のものを全て出したりというのは頻繁にはできません。

みんなに協力してもらって、パレットがきれいになって本当に心地よいです。

ブログ用に写真をと思っていたのですが、

写真を撮っている場合ではないと思わせるほどのスタッフの真剣さ、

圧倒されて私もひたすら掃除しました。

指示を素直に聞いて手際よく動いてくれるスタッフに感謝!!



大掃除の後はミーティングでした。

話し合いで決めたいことがいくつかあって、

予めレジュメに目を通してくれていたおかげで迅速に話し合いが進みました。

共有したいことも伝達できたので、

新年度、スムーズにスタートできそうです。



一年一年が本当に勝負です。

来春、全員の笑顔が見られるよう日々全力投球です。

2017年度もどうぞよろしくお願いいたします。









こんばんは。 個別指導Palette 塾長の佐藤真由美と申します。

今日から4月です。
進学・進級おめでとうございます

大人は新年度になってもあまり生活は変わりませんが、
子どもは学校生活が大きく変わります。

新しい学年、新しい先生、新しい教室、新しい友達・・・

新しいものが増えるので、子どもたちは実は緊張しています。

その中でも、やはり「友達できるかな・・・」が大きな不安要素のようです。

SNSの普及によって、
今は入学前に友達ができたり、部活の勧誘が来たりします。
すごい時代ですね



この一年が、たくさんの子どもたちにとって実り多い一年になるよう心から願っています。

パレットにも新しく生徒になってくれた子どもたちがたくさんいます。
皆目標を持ってパレットに来ているので、
その目標を共有し、
良い方法を一緒に考えながら、
目標達成に向けて全力でサポートしていこうと思います。

今年度もパレットをよろしくお願いいたします

このページのトップヘ